« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

明日、春が来たら。

明日、春が来たら。
お出掛け、花見、散歩、そんなアクティブな想像をし始めた矢先、
雨、寒い。春はまだ来ない。
それでもこんな季節外れな寒い日を除けば、昼間はだいぶ春らしくなってきて、
昼休みにはコートを着ずに外に出られるくらい。
日比谷公園のソメイヨシノが花開いたとか開かないとか。

今年はどこに桜を見に行こうか。
○○山(地元)は、定番。
今年も行きましょう、地元民たちよ。(しのぷも一時出戻りね瑫)
あと神社公園行こーぜーぃ(笑)
都内の公園にも行きたい。
日比谷、御苑、代々木、井の頭、小金井、昭和記念…(なぜか西へ…)


そんなこと書きつつ、BGMは「セプテンバー」という曲。
誰の「セプテンバー」かは、恥ずかしいから書きません。
(※シャズナではない事は確か。絶対に!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きんぴら。

きんぴら。
きんぴら、割りと好き。
だが、若干、しなっとした。
が、そんなことより、こっち系の料理に
合う器が出来たことを喜んでいます。
あまり写ってないけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルミリュフテュ。

ルミリュフテュ。
今週頭、東京でも雪が降った。もちろん埼玉にも。
夜から雪。そんなことも知らずに仕事をしていたら、家に帰る頃にはもう結構な積雪。
駅前はシャーベットに怯えながらもシャバシャバ歩いて、家に近付くにつれて通行量が少なくなるもんだから、
積もったままの雪の上を歩く方が滑らないし、真っ白なところに足跡をザクザクつけながら帰宅しました。

前回、雪が降って溶けた後になって、「何かやろうと思ってたのに…」と何か忘れている自覚はあったのだけど、
雪をみてやっと思い出した。“雪玉ランプを作ること”!!


ルミリュフテュ[Lumilyhty]
フィンランド版“雪の灯籠”みたいなもの。
雪玉を積んで、かまくら状にする。中にキャンドルを入れると、雪玉の隙間から光が透けて、写真のように。
実際はとてもキレイ。携帯カメラではこんなんだけど、案外明るいよ。
大仏の頭みたいで、かわいくてキュンとした。
絵で見たことがあって、かすかな記憶を頼りに作ってみたけど、まぁ適当なこと。
次、雪が降った時は、お椀でも使って綺麗に作りたいけれど、【雪玉を揃える=隙間が大きくなる】よね…
隙間が大きかったり、多すぎると、キャンドルの炎が見えちゃってロマンチックじゃないんだな、きっと。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ありふれた言葉。

ありふれた言葉。
音楽と記憶、音から誰かを、いつかの感情、場所や匂いや天気を思い出したりする。
だからこそ避けていた音楽もあるし、自分追い込むことも、盛り上げることも。

そんなこんなや感覚の変化(歌い方の変化?)もありつつ、ハナレグミを久しく聞いていなかった訳だけど、
ひょんな事から、いや“ひょん”と見せかけた“どひゃー”な事から、今週はよくハナレた週でした。


ありふれた言葉で
君に特別な愛を伝えよう
窓を開ければ頬を風が撫でてゆくよ
悲しい気持ちも
いつか消えてしまうよ


ハナレグミを聞くと、野音や代々木を差し置いて、小金井公園での記憶が思い浮かぶ。
たぶん一番リラックスして聞けたライブだったからかな。芝生に座って、シャボン玉を吹いて、雲が去るのを見た!
遅刻したこと、雨上がりのムンとした空気、水溜まりの中のM、タワレコの袋、、、どれも湿っぽくて、生温くて、生臭い(!)。

あれは秋口だったけれど、仕事終わりの生暖かい外気が、そういう季節を思い出させます。
ズイズイ私にアピールしてきて、焦らせて、しょぼくれさせて、時々前向きにさせて、
なんだか仕事を頑張っちゃって、少ない脳ミソをフル回転させて、ますます席から動かず、
トイレに行きそびれて膀胱炎にならないように気を付けないとな。と思っています。(コレ結論)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »